大阪で注文住宅の建築は重量鉄骨造の株式会社エフイーホーム株式会社エフイーホーム

資料請求・お問い合わせ
ご来店・リモート予約

建築用語集 建築用語集

HOME > 用語集 > 床組み

床組み(ゆかくみ)

木造建築物において、床面を支えるための骨組のことを「床組」という。 在来工法の木造住宅の場合、一般的に次の4種類の床組が使われている。 1)束立て床 「根太・大引・床束・土台」から構成される1階部分の床組のこと。 2)根太床 「根太・胴差し」から構成される床組のこと。廊下などに用いる。「単床」とも呼ぶ。 3)梁床 「根太・床梁・胴差し」等から構成される2階部分の床組のこと。 一般的な在来工法の木造住宅ではこの「梁床」を使用する。「複床」とも呼ぶ。 4)組床 「根太・小梁・梁・胴差し」等で構成される2階以上の部分の床組のこと。 床面積が大きい場合、下階の柱が少ない場合、3階建て住宅の場合などに使用される。

pagetop